2018年12月13日

「文スト」ファン、そしてミステリファン必見のイベント!!


いま若い世代を中心に
圧倒的な人気を誇る漫画
「文豪ストレイドッグス」と
高知県立文学館がコラボした注目のイベントが、
現在、高知県立文学館で開催中!



PC122246.JPG

文豪ストレイドッグスの

登場人物のひとりでもある

日本探偵小説の巨星、

江戸川乱歩に焦点を当て、

文豪ストレイドッグスの世界を楽しみつつ、

江戸川乱歩が読んで・書いて・歩んできた

探偵小説の楽しさも味わえるこのイベント。


開幕当初から東京、北海道、九州、長野など

さまざまな所から連日人が詰めかける

人気イベントになっているそうです!!


今回取材でお邪魔した松木は

ミステリは好きですが

「文豪ストレイドッグス」はさっぱり・・・。



でも心配ご無用!!



江戸川乱歩と横溝正史の友情や、

いずれも高知出身で

日本における探偵小説の祖とされる

黒岩涙香、森下雨村 と乱歩との繋がり。

もちろん江戸川乱歩の足跡やプロフィール、

代表作についても楽しく知ることができ、

ミステリ好きにはたまらない取材ができました!



ちなみに取材に同行していただいた

学芸員の福冨さん一番のオススメは・・・


PC122240.JPG

明智小五郎や小林少年が活躍する

「少年探偵団」のコーナー!


でも、福冨さんのツボは

「怪人二十面相の人の好さ」

PC122242.JPG

当初、世界の美術品を集めて

自身の大美術館を完成させるため

美術品を盗み出していたはずが、

いつの頃からか、

”いかに少年探偵団を出し抜くか”

ばかりになってしまい、

しかも、毎度毎度 監禁する

小林少年へのやさしさが半端ない!のだそう。


そして・・・

PC122241.JPG

伝書鳩の「ピッポちゃん」

ミステリの巨匠が名付けたとは思えない

かわいすぎるネーミングセンス!!

※たまにしか出てこないのに

 今回のパネル展示でも

 主要な登場人物とほぼ同じ大きさの扱い(笑)



とにかく、世のミステリファン、そして

「文スト」ファン必見のイベント!


2019年1月14日(月・祝)まで

高知県立文学館で開催中です!!






posted by hisix at 12:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする